ミット打ちのやり方

トレーナーの持ったミットにパンチを打ち込んでいきます。悪いところを指摘してくれるので、自分の悪いところが分かります。アドバイスを頂いたら、しっかり修正しましょう。
サンドバッグより足を使って行うのでより実践に近いトレーニングになります。




距離感をつかもう

トレーナーの指示に従いながら打ち込んでいきます。移動しながら構えるので、フットワークを使いながら打っていきます。
パンチはスピードが乗る、腕が伸びきったとこが一番パワーが伝わります。ジャブを多用すると距離感がつかめ、力がモロに伝わるベストな距離でパンチを打つことが出来ます。自分の距離感を体に染み付けましょう。

基本を忠実に行いましょう

大きな音を鳴らしてやろと大ぶりにならないように気をつけてください。力を込めて打つよりも、スピード、体重移動を意識した方が上手く打てます。基本に忠実に行いましょう。

ミットの受け方

ミットの打ち方以外に、受け方のコツも簡単に解説したいと思います。
受け方のコツはパンチの当たる瞬間にミットを軽く前に突き出し、タイミングを合わせる事です。ただミットを構えて、タイミングも合わせずパンチを受けても、スカスカなパンチしか当たらず打つ側にはパンチの当たる感触が無く、リズムも崩れストレスを感じてしまいます。
相手の動きをよく観察し、一発一発丁寧にパンチを受け止めてあげましょう。

あなたへのオススメ記事

トレーニング関連商品


Supported by 楽天ウェブサービス


ボクシング三昧 ホームへ