アッパーの打ち方

upper_s1upper_f1


下から上に突き上げるパンチ。コンビネーション、接近戦で効果あり。





アッパーの打ち方

アッパーは腕の振りだけで打っても威力が出ないので、体の伸びを使って打ちます。
そのため、打つ瞬間に膝から上体を軽くかがめて反動をつけて、一気に突き上げます。

かがむ時は拳で顔面を守りながらかがみ、打つ腕はパンチに勢いをつけるためにある程度下げます。
突き上げる瞬間、ただ突き上げるのではなく腰の回転を意識するとよい。大振りにならないように気をつける事。

打ち終わった後のガードも忘れずにしましょう。

アッパーの打ち方を画像で解説

form_s1Step1
肩幅に構え、肘はしっかり脇腹にくっつけガードします。脚幅は肩幅ぐらいに構える。拳は常に顔面をガードします。


upper_s1Step2
打つ瞬間に膝をかがめて反動をつける。腕は左の画像のように下げる。こうすることによって下からスピードの乗った、重いアッパーを突き上げることができます。膝をかがめる際は下を向かず相手を見ておくこと。


upper_s2Finish!
かがめた膝、背筋を伸ばし、一気に突き上げる。打ち終わったら素早く基本姿勢に戻ります。
手首のスナップを利かせることによって更に強いパンチを打つ事ができます。



パンチの打ち方


あなたへのオススメ記事

トレーニング関連商品


Supported by 楽天ウェブサービス


ボクシング三昧 ホームへ