縄跳(ロープスキッピング)の跳び方

Pocket

Skipping rope 70´s縄跳び(ロープスキッピング)は、足腰を鍛え、持久力、リズム感を養う大切なトレーニングです。
練習の始めにはウォーミングアップに、終わりにはクルーダウンにしっかり行いましょう。

縄跳びのポイント

縄跳びは基本的に練習の始めと終わりに約2ラウンドずつ行います。
跳び方は、脇を締めアゴを引いてつま先で跳び、リズム良く跳ぶと良い。膝は軽く曲げること。膝を柔らかく曲げることによって機敏なフットワークを実現し、相手からパンチをもらったときにダメージを軽減させることができます。また、ゆっくり跳んだり速く跳んだりすることでフットワークの練習にもなります。ダッシュも加えて跳ぶことでスタミナの強化にも効果があります。重みのある縄跳びを使えばリスト(手首)の強化にも役立つでしょう。

スタミナの強化

ただ普通に跳ぶだけではなく、ダッシュを加えるとスタミナの強化に大変役立ちます。
50秒~1分、1分50秒~2分までの間の10秒間と、2分30秒~3分の30秒間、この間思いっきりダッシュしてください。嫌でもスタミナが付きます。この方法は縄跳び以外シャドーやサンドバッグでも応用できます。お試しあれ。


こちらの関連記事もご覧ください

トレーニング関連商品


Supported by 楽天ウェブサービス


【ボクシング革命・自宅で学ぶ驚異の上達法】ボクシング史上に残る伝説の男・元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVD 29800円→9800円!
ボクシングレベルの向上を目指す方におすすめのDVDです。書籍にはない三階級王者のテクニックを学ぶことができます。スパーリング、試合などライバルと差をつけたい方、更なるレベルアップを目指す方におすすめです!



ボクシング三昧 ホームへ

ボクシング初心者の為のボクシングトレーニングサイト