シャドーボクシングを徹底理解!圧倒的に上手くなる4つのコツを解説

Pocket

シャドーボクシングを行うことで自分のフォーム、パンチの打ち方を確かめることが出来ます。また、リングの中でシャドーをすることによってリングの中で動く感覚も養うことができます。それではシャドーボクシング4つのポイントを解説していきたいと思います。

シャドーボクシングの4つのポイント

鏡に映る自分の顔面に向かってパンチを打つ

鏡に映る自分の顔に向かってパンチを打ちましょう。ただ闇雲にに打つのではなく、対戦相手のことを想像してパンチを打ちます。 シャドーボクシングをしっかりやることによって、正しいフォームでパンチが打てるようになります。

3分間リズムを止めずに 動き続ける

どの練習にも言えることですが、3分間リズムを止めずに 動き続けましょう。まずはシャドーボクシングで3分間動き続ける癖を身に着けましょう。

3分間 ガードを上げ続ける

3分間ガードを上げ続けましょう。疲れてきて腕を下げてしまわないようにしっかり上げ続けます。最初のうちは慣れないかもしれませんが、これもシャドーボクシングでしっかりマスターしたい大切な基礎です。

リングの中でシャドーボクシング

リングの中でシャドーすることによって、リングの感覚を養ったり、サークリング等フットワークの練習にもなります。ボクシングはフットワークの技術も重要になってきます。パンチを打つだけではなく、フットワークも意識してシャドーしましょう。

シャドーボクシングの参考動画

シャドーボクシングのまとめ

シャドーはサンドバッグやミット打ちなど、他のトレーニングに比べると地味ですが、ボクシングの基礎を身に着けることができます。しっかりやっておきたいトレーニングです。


ボクシング三昧 ホームへ

ボクシング初心者の為のボクシングトレーニングサイト