サンドバッグの打ち方

サンドバッグを打つことでパンチ力、スタミナの強化ができます。また、フットワークも取り入れることで相手との距離感も養うことができます。

サンドバッグの打ち方

さまざまなパンチ、コンビネーションを打ち込んでいきましょう。
慣れてきたらサンドバッグとの距離を意識しながらフットワークを使って打っていくとよい。きつくても3分間ガードを下げないように気をつけましょう。パンチが当たる瞬間に拳を握り込むことでパンチのスピードを上げ、力をスムーズに伝えることができます。
サンドバッグの大きさも大小色々ありますが、小さいサンドバッグはショートパンチの練習に。
大きなサンドバッグは腕を伸ばしてのロングパンチの練習として打つといいでしょう。

”キレ”のあるパンチを打とう

サンドバッグを打つ時はパンチを押し付けず、当たる瞬間にパンチを素早く引き、なるべく揺らさないように心がけて打ちましょう。このようにする事でスピードのある、キレのあるパンチが打てるようになります。

サンドバッグの参考動画


【格闘技用シューズ】asics(アシックス) MATFLEX 5(マットフレックス5) レスリングシューズ TWR333-9093【350】 ボクシングシューズとして使っています。 値段も安く、クオリティーも高くて満足しています。 ボクシングシューズを買ってみたいと思っている方にもお勧めです。
また、こちらの店舗は対応が早くて次の日には商品が届きます。 もう3足ほどこちらの店舗でこのボクシングシューズを購入しています。 シューズも店舗もお勧めですので是非ご活用してみてください。
(このシューズは足幅が狭いので購入の際は0.5cm~1cm程大きいサイズの購入をお勧めします。)
楽天でボクシングシューズを購入

ボクシング初心者の為のボクシングトレーニングサイト