サンドバッグの打ち方

サンドバッグを打つことでパンチ力、スタミナの強化ができます。また、フットワークも取り入れることで相手との距離感も養うことができます。





サンドバッグの打ち方

さまざまなパンチ、コンビネーションを打ち込んでいきましょう。
慣れてきたらサンドバッグとの距離を意識しながらフットワークを使って打っていくとよい。きつくても3分間ガードを下げないように気をつけましょう。パンチが当たる瞬間に拳を握り込むことでパンチのスピードを上げ、力をスムーズに伝えることができます。
サンドバッグの大きさも大小色々ありますが、小さいサンドバッグはショートパンチの練習に。
大きなサンドバッグは腕を伸ばしてのロングパンチの練習として打つといいでしょう。

”キレ”のあるパンチを打とう

サンドバッグを打つ時はパンチを押し付けず、当たる瞬間にパンチを素早く引き、なるべく揺らさないように心がけて打ちましょう。このようにする事でスピードのある、キレのあるパンチが打てるようになります。

サンドバッグの参考動画


あなたへのオススメ記事

トレーニング関連商品


Supported by 楽天ウェブサービス


ボクシング三昧 ホームへ