フックの打ち方

straight_s1straight_f1


横から打ち抜くパンチです。
接近戦やコンビネーションで効果があります。
急所のテンプル(こめかみ)や顎を狙い、脳を揺らしKOを狙います。





フックの打ち方

左フックなら、打つ瞬間、一瞬上体(左肩)を後ろに引きつけて、その反動で腰を回転させて打つといいでしょう。
腕だけで打つのではなく、しっかり腰の回転で打つこと。手だけで打つと弱いパンチになってしまいます。

また、前足を軽く内側に回転させることで力を伝えやすくなり強いパンチが打てます。 あまり大きく回転させるとバランスが崩れ、カウンターをもらう可能性があります。 シチュエーションによって使い分けましょう。

フックは単発ではなくて、コンビネーションで合わせて使うと威力発揮。
ワン・ツー、フック、ストレート。
ストレート、フック、ストレートなど。

目標に当たる瞬間は拳を内側に捻り込むぐらいの気持ちで打ちましょう。拳を立てたまま打つと力が伝わりにくく、手首を痛める可能性があります。
また、左ボディフックは相手の肝臓をえぐり込み、 決まれば試合を優位に運ぶことができます。

フックの打ち方を画像で解説

straight_s1Step1
肩幅に構え、肘はしっかり脇腹にくっつけガードします。脚幅は肩幅ぐらいに構える。拳は常に顔面をガードします。


straight_s1Finish!
軽く左肩を引き、反動をつけて素早く横からパンチを打ち込みます。左拳は常に顔面をガード。打ち終わったら素早く基本姿勢に戻ります。



パンチの打ち方


あなたへのオススメ記事

トレーニング関連商品


Supported by 楽天ウェブサービス


ボクシング三昧 ホームへ